【aga保険.jp】aga治療と保険適用についてのまとめサイト

aga治療と保険適用についての
まとめサイト

aga治療と保険適用について

このサイトではAGA治療とその保険適用についてまとめたサイトです。 トップページではAGAの基本となることや知っておいてほしいことを書きます。 まずは、なぜAGAになってしまうのかということについて書いていこうと思います。

AGAが発症する最も大きな原因は、男性ホルモンの作用と遺伝だといわれています。 元々男性ホルモンには体毛を増加させたり筋肉質な体つきにするなどの働きがありますが、 頭髪の場合だけはなぜか反対の効果を示し、発毛や頭髪が伸びるのを抑制する働きがあります。

その原因となる物質がジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンである テストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変換されたもので、 発毛サイクルに悪影響を与える物質であることがわかっています。

発毛サイクルとは、髪が生えるメカニズムのことです。 髪の成長には、初期成長期と後期成長期があります。 それぞれの時期に成長期、休止期、退行期があって。 成長期が2年から6年、退行期が2週間から3週間、休止期が3カ月から4カ月といった感じで進んでいます。 もちろん、人によってこれらの長さは異なってきます。

AGAにかかってしまうことで成長期に髪が十分に成長することができず、 数か月で退行期に移行してしまうことで薄毛が進行してしまいます。 これが長く続けば髪が抜ける量に対して、 生えてくる量が少ないので髪の量が減っているという風にみえてしまいます。

他にも発毛サイクルを乱す要因として、 食生活や生活習慣、酒・たばこ、ストレスなど様々な要因があります。

ストレスについて少し書くと、ストレスは仕事などから起こる神経の疲れや、 休息が不十分でうまくリフレッシュできないときなどに溜まりがちになります。

また、AGAに悩むことがストレスとなり、悩んでいるストレスがまた AGAの原因となるという悪循環に陥っているケースも少なくありません。 AGAの原因を作らないためにも、うまくストレスを発散する工夫が必要になります。 他の記事でストレスの発散法などについても書いていくので是非見てください。



本気で改善するなら、早期に無料カウンセリングへ

当サイトでは、AGAの症状を正確に診断し、「原因と治療方法を正確に見極める目を持った、主治医」という視点で病院・クリニックを厳選しました。 先生が信頼でき、かつ、無料カウンセリングを実施しているという条件付で選びました。 まずはお金をかけずに、あなたの状態をカウンセリングしてもらい、リスクなしで病院・クリニックや主治医の先生を見て頂きたかったからです。 あなた自身の目で確認する。これが一番間違いない方法です。

以下に、おすすめをランキング形式で3位まで紹介いたします。 順位はついていますが、どのクリニックも非常に優秀で、ほとんど差はありません。 都内でいくつか回れるのであれば、カウンセリングは無料ですので複数試してみるのもアリだと思います。 なにせ、長期治療を行う肝心な第一歩ですから、いくつか比べてみるのも賢いやり方だと思います。


銀クリAGA.com
四谷ローズクリニック
SBC毛髪再生医療センター